FIRE!エンジニアでセミリタイアはできる?

今回は、エンジニアでセミリタイア!という話です。


皆さんは最近流行の「FIRE」という言葉をご存知ですか?
FIREとは「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」の頭文字をとった略語なのですが、簡単にいうと、早いうちに経済的な心配がないところまで稼いで、退職して自由に暮らすことです。
つまり、セミリタイアですね。

今回は、エンジニアという仕事の特性を生かして、セミリタイアに近い勝ち組な生活を送れる可能性について話します。


結論から言うと、「できなくはない、グラさんの周りにもいるにはいます」という感じです。それでは、事例をあげていきます。


アプリやサービスを作って一獲千金パターン


エンジニアはコンテンツが作れるので、投資とか、ギャンブルとか、上場企業作るという方法よりははるかに少ないリスクで一獲千金にチャレンジできるというのは間違い無いですね。
実際にグラさんの昔の生徒さんで、10万円のアプリ講座を受講して、年間数千万円儲かるアプリを作って仕事を辞めた方がいました。

人脈作って移住

これは、セミリタイヤというよりは、リモートワークで固定費を減らして、「自由な生活の割合を増やす」みたいな考え方ですね。エンジニアは仕事さえあればリモートで活動できるので、サラリーマンよりはやりやすいのかなという感じです。

ということで、大きな投資をせずに、一攫千金を狙ったり、ライフスタイルを選べるというのは、エンジニアという職種の特徴としてはあるかもしれません。

しかし・・・という話です。
グラさんはエンジニアのセミリタイヤという話には懐疑的です。

あえて現役を続けるエンジニアの方が多い?

稼いでセミリタイアした方がいるのは間違いないですけど、私のまわりのエンジニアは現役を続ける方ばかりですね。やっぱりコーディングが楽しいんでしょう。
一獲千金のためにプログラミング始めました、みたいな人はあまりエンジニア向きでは無いのかもしれません。

むしろ、「セミリタイアをアピールするやつは自称エンジニアが多い?」という話はあるかもしれません。情報商材などで「何億儲けた」とか言ってる「自称エンジニア」の人たちです。

ということで、エンジニアは理論上、一獲千金を狙えるフィールドにはいますが、それは狙ってやるようなことでは無いのかもしれません。という話でした。


セミリタイヤではなく、隙間時間で自走型のサービスやアプリを作って、不労所得をゲットする、という話であれば、エンジニアにとてもチャンスのある戦略だと思いますので、まずはそこからがんばってみると良いのでは無いでしょうか?