エンジニアが持っておくべき資格は?〜みんなのプログラミングチャンネル vol.21〜

今回も結論からいっちゃいます!

■ウェブ業界では一切必要なし

持っておくべき資格はありません!

インフラエンジニアとか業務が決まっているものには保証資格があったり、派遣では色がつくようなものもありますし、個人の視野を広げたり、将来の独立のためにということであれば、簿記などのように会計などの知識を持っておくことで視野が広がるということもあるでしょう。

今回は「ウェブ業界」を前提に「エンジニアとしての単価アップのために必要な資格」という観点で資格は一切必要無し!という話です。

ウェブ業界での実力はとにかく総合スキルで測られます、「言語」「実績」「ヒューマンスキル」などがこの要素です。

■評価や単価に最もつながる切り札とは

この中でも評価や単価に最もつながりやすい切り札は、実はヒューマンスキルかもしれません!
まあ、ヒューマンスキルはどんな職種にもあるに越したことはないのですが、それがウェブ業界、ことエンジニアにとっては究極の切り札になるからくりを説明します。

・意外と属人的で顧客との間の信頼関係が一番
・顧客とのコミュニケーションが深まるほど、実は見積もりが下がり、満足度が上がっていく
・こうなると切り替えられたり、相見積もりで比較されたりということがほとんどない業界であること。
・発注者の要望に応えつつ、若手やインターンに一部の仕事をやってもらうことで単価調整したり、そういう能力に長けた人は企業から超必要とされる。


実際にウェブ業界で「活躍している」「稼いでいる」エンジニアって職人というよりもこういったコミュニケーションがしっかり取れる人が多いです。

ということで、ウェブ業界での最強の資格はヒューマンスキルだ!という話でした。