テックジムのカリキュラムは、現場のニーズから生まれた、プログラミングの思考法自体を学べる自習教材です。
かつて、創業者が受託開発会社で、素人インターンを3ヶ月で即戦力化するために開発されました。

この教材で育ったエンジニアたちの声をもとに、「テックジムメソッド」の特徴をまとめてみました。

無料カウンセリングの予約はこちら

■まずは手を動かす。手をとめない。だから上達が早い。

初心者向けのPython基礎コースでは、いきなりゲーム開発からはじめます。
辞書的な基礎授業が無いから初心者でも興味が続きます。
プログラミングスキルはコーディング時間に比例します。
だからこそ、「覚えようとせず、ひたすらコーディングをする」ことが重要なのです。

■課題の進め方が実務に近い

従来のスクールではまずインプット作業をしてからコーディングに入ります。
開発現場では、新しい技術に挑戦することもしばしばで、決められた期間内に仕上げなければなりません。
「まずインプットする」というのは実務的ではないのです。
現役エンジニアのキャッチアップ方法を、初心者でもできる形に適応したのがテックジムのカリキュラムです。

■自分で調べる力が身に付く

テックジムでは「調べる→仮説を立てる→コードを書いて検証する」の繰り返しを行います。
プログラムを実行するたびに「エラー」を経験することでしょう。
「エラー」の原因を検証し、次の対策を練ることを繰り返すことでスキルが身に付きます。

■状況の整理ができるようになる

「プログラムは思った通りには動かない。書いたとおりに動くのだ」という格言があります。
書いてある事がちゃんと読めれば大抵のエラーは解決できます。
現役エンジニアのトレーナーに質問していくうちに、状況の整理ができるようになります。

■コードを綺麗に書けるようになる

「リファクタリング」とは「精錬されたコードに整理すること」です。
「リファクタリング」に時間をかけることで、結局は開発工数が短くなります。
この「リファクタリング」こそ、テックジムの学習プロセスであり、プログラミング的思考法が身に付くのです。

■現役エンジニアがサポートする意義

コーディングスキルを上げるための手っ取り早い方法は、自分が書いたコードをプロのエンジニアに見てもらうことです。
さらに、彼らの問題対処法を間近で見ることで大きな気づきを得られます。
また、カリキュラム以外で困ったことも気軽に質問できることも大きなメリットとなります。
テックジムで現役エンジニアと触れ合っていれば、実社会でもエンジニアと対等に話せるようになるでしょう。

■テックジム卒エンジニアたちの声

「プログラミングは楽しい」

テックジムがもっとも伝えたいことは、「プログラミングは楽しい」ということです。
この前提がない中でプログラミングを学ぶことは「苦行」になります。

「”Hello World”とかではなくゲームを作るところが良かった。」
「動くものを作る楽しみが最初にきて挫折しなかった。」
「コードが綺麗になっていく過程が楽しかった。」
「調べるためのキーワードだけ提示されていてゲーム感覚に学べた。」
「コードがシンプルでわかりやすいが奥が深い」

「テックジムで学んで良かったことは?」

テックジムは「卒業が目的のスクール」ではなく「現場で活躍するためのスクール」です。
ここで培ったスキルは、ビジネススキルとして一生モノになっているようです。

「言語特性の理解で留まるのではなく、プログラミング力がついた。」
「実務で全く困らないレベルのコーディング力がついた。」
「答えを知らなくても、調べ方さえ分かればだいたいなんとかなる。」
「進め方がエンジニアの仕事の進め方と同じで、ギャップが少なかった。」
「エラーや修正したいことに対しての解決の仕方がわかるようになった。」
「現状に対して何が必要でどの順序にすべきかということがより分析できるようになった。」
「相手の言っていることを分解して理解でき、自分の言いたいことの要点もまとめられるようになった。」
「プロダクト設計する上で工数やデータやり取りのイメージができるようになった。」
「業務を進める上でもエンジニアとも対等に話せるため、業務効率が上がっていると感じます。」

「プログラミング学習で大切なこと」

テックジムでは、現場で活躍しているエンジニアの声をもとに、「教室づくり」をしております。
受講者に受講後も実益があることを念頭に今後も進化していきます。

「楽しむこと」
「分からなくて苦しい時はヘルプを求めること」
「他人の意見や解決方法に対する柔軟さ」
「わからない部分は思い切って飛ばすこと」
「ググり力と問題を論理的に分解して特定していく思考力」
「繰り返すこと」
「人への質問の仕方」
「エラーを恐れないこと」
「学んでからつくる、ではなく、つくるために学ぶ」

テックジムで培うスキル・マインド(プログラミング学習の二次メリット)

 1.自己解決能力(検索して求める情報に辿り着く)

 2.適切な質問能力(トレーナーから導きだす)

 3.難しいことへの挑戦が億劫にならないマインド

 4.自己肯定感(他人と比較する必要がない)

 5.自己効力感(「やればできる」という実感)

「時短」「安価」こそ正義

他社料金比較表

数十万円も払ってエンジニアとして就職しようとする時代は終わり、これからは月額いくらかで、どなたでも優秀なエンジニアの素養を身につける時代が始まります。私たちはこれを月額2万円で提供してその時代に挑むことを決意しました。

通い放題、コース変更自由、プロのエンジニアのサポート。
今後もコースを続々投入。
それでも、お値段変わらず、月額22,000円。

圧倒的なコスパに挑戦

職業としてエンジニアを目指している方はもちろん、ご自身の業務効率化をお考えの方、趣味にしたい方など、
幅広い方々にご支持いただけると自負しております。そういう方はぜひとも入会をおすすめします。

オンライン無料講座を受ける

「体験入学」に参加する

お申し込みの流れ