【テックジム明石校】Python基礎コース

JR山陽明石駅より徒歩3分

現役エンジニアによる実践的なプログラミングを習得する

テックジムは自立学習型のプログラミングスクールです。明石校では学校や塾のような受動的な学習ではなく、現役エンジニア指導による「自己完結できるプログラミングの学習方法」を習得していただきます。
【自走できるエンジニアへの上達法】プログラミングの効率学習10のポイントとは?

テックジムについて詳しくはこちらをご覧ください。

体験入学(ご見学)・面談の申し込みはこちら

テックジム明石校の概要

カリキュラム
/コース     
・Python基礎コース 
・AIエンジニア養成コース
 ※Python基礎コースが修了された方のみ受講可能
入会金税込み33,000円 現在無料!
 ※会員数が一定以上となり次第終了致します。
会費一般会員 22,000円/月(税込)
学生会員 11,000円/月(税込)
 ※学生会員は中学生、高校生、大学生、専門学生などで学生証の提示が可能な方が対象となります。

・決済方法はクレジットカードまたはデビットカード
開催日時 毎週 月曜日 19:00~22:00頃
毎週 水曜日 19:00~22:00頃
・入退出は自由です。ご都合の良い時間にお越しいただけます。
・会場は18:00から利用可能ですので、トレーナーが到着するまで自習していただけます。
 ※祝日と開催曜日が重なる場合は基本的に休校とさせていただきます。
開催場所コワーキングスペース&シェアオフィスAreaDrive
兵庫県明石市本町1丁目2−33 興生ビル 4F
申し込み 明石校への入会希望の方は以下のリンクからお申込み下さい。

テックジム明石校入会の申し込み

Python基礎コースの無料体験会

祝日を除く毎週月曜日19時(開始時間の相談可)から無料でテックジム方式のテキストを体験していただきます。プログラミング初心者の方でもマンツーマンでの実施となりますので、安心して体験していただけます。

Python基礎コース無料体験会の予約

Python基礎コース

カリキュラムの概要はこちらから

AIエンジニア養成コース

明石校ではPython基礎コースを修了された方が対象となります。
カリキュラムの概要はこちらから

開催場所

兵庫県明石市本町1丁目2−33 興生ビル 4F
コワーキングスペース&シェアオフィスAreaDrive

テックジム会員限定サロンにご招待

テックジムには、様々なキャリアの方が参加されており、ビジネスコミュニティとしても、とても魅力的な母集団を形成しております。
そこでテックジム会員限定のSlackをご用意いたしました。
会員同士の交流や、トレーナーへの質問、運営側への要望など、フラットに交流することができます。

受講者はどんな人たち?(明石校の会員属性)

学生、メーカー勤務等の会社員で10代~40代の方が中心です。明石校では現在アクティブな会員様はすべてプログラミング未経験者です。昨今の経済情勢やプログラミング必修化などの影響を受けて自己投資に対して積極的な方が多いという印象です。来校時は雑談などのコミュニケーションを交えながら学習を進めていきます。

留意事項・お支払いについて

・参加時にノートPCをご持参ください。
・Gメールアカウントを利用します。
・現在、入会金(通常33000円)が無料です。
・登録時に「当月日割り計算分 + 来月分会費」をお支払い頂きます。
・次月分の会員費は毎月26日に自動引き落とし(カード払い)
・途中解約や休会は前月10日までにご連絡ください。

退会はこちらから

もっとも効率的なスキル習得「テックジム方式」とは?

「テックジム方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。

優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。

この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「テックジム方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。

講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「テックジム方式」の醍醐味です。