首都圏の学生のみなさん、テックジムの受講料をFullonが負担します。(応募締切2月末)

Fullon・学生インターン生募集企画

プログラミングスキルを活かしたアルバイトをしてみませんか?
Fullonがテックジム東京本校の受講費用(3ヶ月分66,000円)を負担します。

【1期生】インターン選考の流れ

0.応募フォームに申し込み(2023/2/28まで)
1.Fullon社(永田町)にて面談
2.合格者は、テックジム東京本校(永田町)の入門コースを受講(23年1月〜5月の間の3ヶ月間)
3.修了者は最終面談を経て、Fullonにてインターン開始(23年4月〜6月スタート)
 ※応募が早い方、履修が早い方は切り上げスタート可能です


・対象者は、首都圏在住の2023年4月現在で高3以上の大学生。大学院生、就職浪人生もOKです。
・オンライン受講はNGです。テックジム東京本校に週1回以上通える方が条件です。
・習得プログラミング言語はPythonです。
・途中で離脱、インターンを諦めた方は半額(33,000円)をご負担いただきます。
 ※ハナからインターンに入る気がないような動機が疑われた時も同様です。
 ※最後まで諦めずに学習された方へのペナルティはありません。

インターン募集にエントリーする

Fullonの事業概要

2008年5月に創業したソフトウェアベンチャーです。
システム受託開発、オンサイト&リモート技術支援、自社サービスの3事業を展開。
法人・団体・個人に関わらずお客様に対してIT+αを提案し、強力にサポートし続ける事でお客様を「Fullon(絶好調)」にする事がFullonのMissionです。

学生エンジニアの皆様には、自社サービスである残業ゼロを目指す勤怠管理サービス「Teasy」の開発や、システム受託開発の仕事などを手伝っていただきます。

Teasyの開発経緯について

Teasyとは、 Time × Easy = Teasy(テイジー)の造語で、 残業をゼロにして定時上がりを目指す勤怠管理サービスです。

当社が本サービスに開発に至った背景として、

・「なんとなくの感覚で残業をやってしまい、生産性がなかなか上がらない」
・「必要なのはわかってはいるけど、日々の打刻や申請が面倒で忘れてしまう事が多い」
・「リモートワークになって、チームの一体感が薄れた、孤独だ」
・「既存の勤怠ツールがどれも似通ってて面白みがない、使いにくい」

等の社員の声がございました。
まずは社内からDXしようという事で、5年前に企画構想、直近2年で開発&自社運用に乗せ、「残業ゼロを目指そう」「打刻者ファースト」をコンセプトにサービスデザインし、SaaSプロダクトとしてこの秋より提供致しました。

既にこの1年で数社のテストユーザとなる企業様(10名以下のスタートアップから1,000名規模の企業まで)のご利用により沢山のフィードバックを頂き、機能改善を毎月実施しております。

Fullonってどんな会社?

  • TOP営業マンとスーパーエンジニアが創ったITベンチャー。営業も技術も共に学べる企業カルチャー。
  • 得意なITを武器に、顧客へIT以外のαも提案する事で他社と差別化を計っている。
  • ITサービス事業、ネットサービス事業、コンサルティング事業、トレーディング事業と顧客に提案できるフィールドは多岐にわたる。
  • SESや受託開発だけでなく、自社(ネット)サービスを立ち上げ、それをメインの事業とする事をVisionとしている。
  • エンジニアをコストでなくプロフィットと考え重用し、営業も出来るエンジニアを創りあげるために新卒採用と教育に最も注力している。
  • まだまだ創業期のITベンチャー、会社創りを社員総出で楽しんでいる。

インターン募集にエントリーする