プライベートブロックチェーン「mijin」が大幅バージョンアップ。「mijin Catapult」として製品化。

テックビューロが、2015年9月より提供する汎用型プライベートブロックチェーン製品「mijin」の最新版次世代コアエンジン「mijin Catapult (v.2)」の製品版を公開、エンタープライズ向けライセンスの提供を開始しました。


mijinとは

「mijin」は、企業が管理するネットワーク上で、指定したノードだけ参加することができる「プライベート」なブロックチェーンを構築するためのプラットフォーム。
トークンの発行、流通、勘定を簡単自由に行うことができ、企業独自のトークンエコノミーを作ることができます。

 

mijinのコンセプト

オンチェーン・アセット・モデリング

難しいコーディング無しに、アセット勘定を定義(モデリング)するだけで、あらゆるアセットをトークンとしてブロックチェーン上で発行し、流通させ、管理することができます。また、ツリー構造でアセット管理が可能。トークンの発行量に制限は無く、また、詳細にその仕様を設計できます。


スマート・サイニング・コントラクト

アセットとマルチシグを組み合わせ、マルチシグを鍵としてアセットの動きをコントロールすることで、あらゆる商慣習やコントラクト(契約)をブロックチェーン上でセキュアに実行します。これらはワンタイム・コントラクトとして、簡易に設定し管理することができます。

 

mijinの基本機能

ネームスペース

インターネットの“ドメイン”のようなもので、mijinやNEMのブロックチェーン上にレンタルで取得する部分領域です。企業・ブランド・個人・場所等を特定するIDとして記録し、利用できます。


モザイク

mijinやNEMのブロックチェーン上で発行することのできる、独自のトークンです。
発行したトークンは、暗号資産、ポイント、商品券、電子マネー、
トレーディングカード、所有権、チケット、ユーザーID等としてアプリケーションやサービスで利用できます。

 

mijin Catapultとは?

2018年5月、mijinのオープンソース化を実現。
さらに2019年6月、オープンソースとエンタープライズ・ライセンスのデュアルライセンス提供を開始しました。


マルチシグネチャ

複数の署名者の中から、予め設定しておいた数の署名を得ることで取引や契約を実行する機能です。トランザクション(取引)ごとに、署名対象者のうち何名の署名を必要とするかや有効期間を設定できます。


マルチアセット

1つのブロックチェーン・プロトコル上に、複数のアセット(トークン)を同時に且つ自由に発行し・流通させ・管理することができる機能です。発行する量(数)の設定、発行量のロックなどが可能です。

 

NEMとMijinそしてCatapultの関係とは?

NEMは2014年1月から開発されてきた最新のビットコイン2.0+のシステム。
NEMは完全なP2Pのプラットフォームであり、決済、チャット、アセットの作成、ネームスペースシステムなどのサービスも提供しています。

NEMはオープンソースプロジェクトであり、パブリックブロックチェーンのプラットフォーム。
それに対してMijinは、2015年の秋頃からテックビューロ専属となった3人のNEMコアデベロッパーたちによって開発されている、プライベートブロックチェーンを構築するための製品です。


mijin Catapult (v.2)とは?

従来のmijin (v.1)と比べて、機能・性能・仕様のすべての面においてバージョンアップを施し、異なるブロックチェーン間でのトークン交換や複数トランザクションの一括処理を可能にするなど、課題であった処理速度、スケーラビリティの両面で大幅なグレードアップを実現しました。

プログラム言語も、mijin (v.1)はJava、mijin Catapult (v.2)は C++という違いがあります。

 

mijin Catapult (v.2)の新機能

アグリゲート・トランザクション

複数のトランザクション(取引)を1つのコントラクト(契約)のようにひとまとめにし、指定した全連署人の電子署名が揃うと、すべての取引を同時に決済し実行することができます。署名が揃わない場合は実行されません。例えば、複数のユーザーが異なるアセット(資産)を持っており、お互いに交換したい場合に、相手を知らなくても信頼できるスワップ取引をすることができます。


マルチレベル・マルチシグネチャ

指定した数の連署人が全員同意することでコントラクト(契約)を実行できる「マルチシグ」がさらに進化、複雑な承認・署名プロセスのための階層(レイヤー)的な構成を可能にしました。最大3層までのマルチシグの階層をつくり、実行することができます。また、指定した日時までに同意が集まらない場合は、そのコントラクトを自動で削除します。


クロスチェーントランザクション

プライベートチェーンmijin上でのトークンの移転と、パブリックチェーンNEM上でのトークンの移転を一括して、同時に実行します(アトミックスワップ)。これにより、複数のブロックチェーン間をまたいだ取引や契約、処理を実現することができます。


【引用】
https://mijin.io/product/


mijin (v.1)は最短5分で利用可能で、30日間ライセンス費無料お試しできます。

 

ブロックチェーンコース(DApps開発)の概要