プログラミングに挫折した時のお薦めプログラミングゲーム

プログラミング学習の基本形はプログラム風に書くとこんな感じです

def play():
  書く
  予想する
  実行する
  確認/考察する
  play()

play()

これをわずかなストレスで体感できるゲームアプリがあります。
今回は数多あるプログラミングゲームの中で特にお薦めなアプリをご紹介いたします。

■ゲットコイン

キャラクターを移動させて、指定されたブロック数以内で、すべてのコインを拾うというゲームです。
繰り返し処理をうまくつかって、消費するブロック数を少なくしていく。
まさに「リファクタリング」を体感できるゲームとなっています。

■アルゴリズムシティ

ゲットコインと似たゲームですが、コインを取る動作と関数の概念が加わったゲームです。
関数を再帰的に使うことで繰り返し処理を行います。
基本的には最後にf{}を加えていくというもの。再帰関数をお手軽に学べます。

■デジタルパペット

キャラクターを移動させて、規定ブロック数以内で、敵キャラを殲滅させるというゲームです。
こちらは「ジョブ」という関数を複数用意して、メイン実行画面で適宜関数を呼び出します。
関数とは何かを感覚的に掴めるゲームとなっています。

■世界の中心でAIは戦う

このゲームは、プログラミングゲームの中でも珍しいタワーディフェンス型ゲームです。
条件分岐も複雑に絡み合い、より深みのあるゲームに仕上がっています。
ここまで複雑な条件分岐を教えようという開発者の意気込みには脱帽です。

■ピタゴラン

超簡単にピタゴラ装置を作れるシミュレーションソフトです。
絶対に間違うことはないので、プログラミングに疲れてこれ以上アタマを使いたくないというときに、
爽やかな風を脳内CPUに送り込んでくれることでしょう。


各動画の概要欄にダウンロードURLが記載されておりますので、
ぜひトライしてみてください。

たかがゲームと思われがちですが、ステージを進んでいくとかなり難しくなっていきますので、プログラミング学習のお供としてはピッタリです。