ヒューマンスキルのない「ダルマエンジニア」には喝です!

今回は「こんなエンジニアいませんか、いたら喝!」ということで、「ダルマエンジニア」をピックアップしてみたいと思います。

皆さんは達磨大師という方をご存知ですか?

達磨大師は1600年代の天竺(インド)の仏教僧で、中国の禅の始祖と呼ばれている人ですね。

達磨大師は、9年間壁に向かっての座禅を組み続けたことによって、手足が腐ってしまったという伝説が起こり、それで玩具としてのだるまができたと言われている人物です。

話が脱線しましたが、今回のテーマ「ダルマエンジニア」というのは、1人で作業をしたがるエンジニアのことです。やっと本題にたどり着きました。

三流エンジニアならではの特徴とは?

グラさんは「個人ブースで作業したい、それがエンジニアだ」と思っている人は二流だと思っています。もうコーディングするだけ、みたいな軽めな作業はそれでも良いのですが、基本的には、エンジニアは、業務を掛け持ちしながら、いろいろな人と関わって、情報共有をしあうのが良いと思っています。

コミュニケーションスキル、ヒューマンスキルが重要ということですね。

例えば、壁に向かって1人でむっつりしている生徒よりも、みんなとコミュニケーションが取れる人の方が伸びる(質問力)みたいな話があります。

一流エンジニアは劣悪環境でもパフォーマンスを落とさない

勝又さんも動画で話してましたが、一流のエンジニアほど、うるさい環境でもハイパフォーマンスを発揮できているようです。

ということで、エンジニアにはヒューマンスキルは絶対必要ですよ!という話でした。

確かにエンジニアって1人で黙々と作業するというイメージはあると思いますが、それは様々な工程を経て、作業だけをやる段階のエンジニアが皆さんによく目撃されているからに過ぎません。

逆にいうと、エンジニアという仕事は決して地味で寡黙なものではなくて、人同士のつながりがモノをいう、案外ウェットな世界だという部分もあります。

なってみないとわからないですが、かなり面白い仕事ですよ!

少しでもプログラムに興味があるという方は、グラさんに個別相談してみてくださいね!