この仕事してる人は、プログラミング絶対やっておけ!その爆アゲ職種とは?

今回はこの職種の人はプログラミング必修!という話です。

グラさんはよく、「エンジニア以外の職種でも、リテラシーとしてのプログラミングスキルが必要だ」という話をします。

それは確かにその通りで、エンジニアにスムーズに依頼ができるくらいのITリテラシーはもちろんのこと、プロダクトマネジメントが一通りできるくらいのITスキルはこれからの時代、全社会人に必須だと思っているわけです。

特に、その中でも、プログラミングスキルを身につければ、即仕事にいかせて、周りからも一目置かれる職種というのがありますので、今日は「プログラミングスキルを身につけたら、他よりも2歩も3歩も先に行ける職種」についてお教えします。

それはずばり、エクセル仕事をしている人

エクセルが仕事で重要な役割を持っている職種のかたは絶対にプログラミングの勉強をやった方がいいですね。

具体的に職種名で言うと、マーケティング、事務、経理、財務、CEOですかね。

クローリング・問い合わせ対応などは自動化できますし、複数のエクセルを連携する人は2つ以上のファイルを立ち上げする必要もありません。

社員にはエクセルのこの部分だけ閲覧OKみたいなこともGASで簡単に部分共有ができます。

もちろん、プログラミングスキルを磨いて、自分で全部できるようになれば理想かもしれませんが、ここで大事なのは「業務の無駄を見抜いて、ざっくりとでも問題意識を外注に共有できる」くらいのスキルがあれば、十分に職場で優位性を発揮できると言うことです。

経理の方が、「職場に無駄が多い!」と言って自分でプログラム書き始めたら「余計な仕事をしている、何をやっているんだ」と思われるかもしれません。「今はこの方法なんですけど、この部分に時間がかかっているので、初めからあるデータと連携させることができると助かるんです」と言うことを外注に伝えるところまでで十分ですね。

しっかりとした成果物が上がってくれば職場での評価もかなり上がると思いますよ!

逆に言うと、名前をあげた「マーケティング、事務、経理、財務、CEO」の職種は、業務に無駄が多いことが多いです。

居酒屋で披露する手品みたいなものだと思ってください。

ほんの少しのリテラシーでめちゃくちゃ目立てますよ!

ある意味チャンスな職種ですよね。

なんでみんなやらないんでしょう!?

テックジムにもプログラミングをやって業務効率があがって良かったという非プログラマーの方が多くいらっしゃいます。上記以外の例で言うと、ネットワークエンジニアとCADを使う設計士は、Pythonがちょっとかけるだけで随分と業務効率アップしたそうです。

セールスフォースなどを使ってやっていた業務がGASで可能に。

そして、このグラさんも、以前はセールスフォースなどを使ってやっていた業務が、スプレッドシートとGoogleAppsScriptでできるようになりました。

と言うことで、エクセルを使う「マーケティング、事務、経理、財務、CEO」の皆さんの成功の最短ルートは、案外プログラミングスキルの習得かもしれません!と言う話でした!