(ダメな方の)激やばエンジニア・痛いエンジニアの特徴とは? ~みんなのプログラミングチャンネルvol.34~

今まで見てきた中でこいつはやばい、全然ダメ、というエンジニアのことを話していきます。

激ヤバエンジニア① チームで仕事ができないエンジニア!


チームワークができないというのもそうですが、「他人なんてお構いなし」で「自分が書いたコードが他人に読まれることを考えていない」エンジニアが激ヤバエンジニアです。
変数名を「HOGE」「index1・index2」などと書いてしまう人本当迷惑です。

コードとしては動くから書いてるだけ、引継ぎ不可、細部をめんどくさがるのはチームプレイとしては最悪です!

激ヤバエンジニア② ミスを隠す!

あーこれはもう最悪ですね。
Googleも「バグの犯人探しをしない!」という格言を残していますが、この人はそれすらさせません。
ミスをリカバリーすることもエンジニアの大事な仕事。なのにミスを隠す、というのは「足算ができない経理」みたいなもんですよ。仕事になりません!

激ヤバエンジニア③ 嘘をつく!


ミスを隠すと似ていますが、隠すどころか嘘を上塗りするわけですから、これが「最凶パターン」ということになりますね。


当時のライブドアでは「大丈夫」と3ヶ月言い続けてドロンしたエンジニアの穴を、スーパーエンジニアが10日で全部リカバリーして納品をしたという伝説を聞いたことがあります。

さあどうだったでしょうか。
どれも鳥肌ものの「一緒に仕事したくないエンジニア」でしたね。

最後におまけで一つ。できるアピールをするやつ。年功序列で動くやつ。

これは激ヤバエンジニアの予備軍ですよ。

年上だからといって、教わる時もタメ口で聞いちゃうとか。
年功序列は社会ではだんだんと古い概念になっているけど、エンジニアという仕事ではもう化石になってますよ!

こういう人は老害エンジニア候補生なのでしょうね。


みんグラを見ている方は「一緒に働きたくないエンジニア」の仲間入りだけはしないでくださいね。