クラブ通いするためにフリーランスに。年200日は踊ってました。|雑食系エンジニアサロン運営(勝又健太)

エンジニア系YouTuberの先駆者で、登録者5万超のチャンネル「雑食系エンジニアTV」を配信し、会員数2000名以上のエンジニア向け会員制オンラインサロン「雑食系エンジニアサロン」を運営している勝又健太さんと対談してきました。

勝又健太氏のプロフィール

クラウドアーキテクチャ設計、クラウドインフラ構築管理、基盤コード開発、DevOps|MLOpsが専門の雑食系エンジニア。
プログラミング初学者の方や駆け出しエンジニアの方、そしてエンジニアとしてキャリアを「ハック」していきたい方たち向けの情報を発信。


雑食系エンジニアサロン


2019年3月にオープンした「雑食系エンジニアサロン」は、エンジニアが「技術資産」「人的資産」「錯覚資産」「信用資産」を効率よく増やし、キャリアをハックしていくための様々な情報や知見をお互いにシェアすることを目的とする、会員制のサロン。


https://kentakatsumata.net/archives/10

勝又語録

「エンジニアは一年以内に現場を変えた方がいい」
「サービスの成長よりエンジニアの成長の方が早い」
「メガベンチャーは優秀なエンジニアをまとめる異業種交流会」
「技術面だけ考えると正社員にこだわりいらない」
「人脈は人生最強のチート手段」
「今は駆け出しでも3年後にすごくなる人が必ずいる」
「技術に尖ったスーパーエンジニアで性格が良い人はほんとに少なく何かを犠牲にしている」
「モダンな技術の幅広さは自分の他にいないと思っている。深くはないがキラキラ技術を知っている。」
「最も尊敬する経営者は、ワークスアプリケーションズの牧野さん。」
「今は自分の事業の売り上げ、サロンの参加者の数字が趣味」


●クラブ通いするためにフリーランスに。年200日は踊ってました。|雑食系エンジニアサロン運営(勝又健太)


参考)

●EDM

エレクトロニック・ダンス・ミュージック(Electronic dance music)とは、シンセサイザーやシーケンサーを用い、主にクラブないしは音楽を中心に据えるエンターテインメントの場において、その場の人々を踊らせるという目的の元作られたダンスミュージックのことである。(Wikipedia)


●増井雄一郎氏
2008年渡米し、世界的エンジニア・中島聡氏とアプリ開発会社を起業。Appcelerator社のエバンジェリストなどを経て、2013年に中村仁氏とともにトレタ設立に参加。同社CTOを務める傍らブログや講演などでも活躍し、「IT芸人」の異名を持つ。趣味は20代の頃から続けるクラブ通い。