どんな方たちが通ってますか?

中学3年生から定年後の方まで、初心者からベテランエンジニアまで、
職種も様々な方が、様々な目的で、ご参加されております。

例えば

・中学3年生「ゲームを作りたい」
・高校3年生「研究で使うので機械学習を学んでおきたい」
・大学1年生「オリジナルサービスを作って世に問いたい」
・大学3年生「就職後のキャリアを有利にすすめたい」
・20代社会人「周りに起業した人。自分も起業したい」
・30代事務職「ルーティンな仕事を自動化したい」
・定年前営業職「なにかしらのITの仕事で副業したい」
・ネットワークエンジニア「自動化して仕事を楽にしたい」
・マーケティグ職「KPIを自動集計して業務効率をあげたい」
・営業職「GASでSalesForceのようなツールを作りたい」
・財務職「売上進捗などを把握できるツールを作りたい」
・現役エンジニア「機械学習を学んで高単価の仕事を!」
・新規事業プロデューサー「起業仲間をみつけたい」
・大手企業中堅社員「なにかを自分で作ってみたい」

などなど。

実はここだけの話ですが、他のスクールの元受講者の方も多いのです。
3ヶ月後に全員が転職できるなんて無理なゲーム。
別にエンジニアになるだけがゴールではありません。
無理のないキャリア設計と、それにあわせた学習プランがポイントなのです。

何から始めたら良いのかわからないんですけど。

まずは、学び易いプログラミング言語を選びましょう。
挫折しては元も子もありません。
そして、多くの人が使う言語であれば、だいたいのことはネットで解決します。
テックジムでは、最も学び安く人気な言語として、最初にPythonをお勧めしています。

学び方については、何かの作品を具体的に作ることです。
テックジムのPython入門講座では簡単なゲームを作っていきます。

ゲームは、少ないコード量の中にプログラムロジックがぎゅっと詰まっているので、
高速で学習するにはもってこいですし、ゲームのような動きのあるプログラムは、作っていて面白いです。

モチベーションを維持するにはどうしたらいいですか?

逆説的ではありますが「モチベーション」には関係なく「かけた時間」がスキル向上につながります。

とにかく、プログラミング学習を習慣づける環境を作りましょう。
土日にまとめて時間をとるというやり方だと、期間が空いてしまい習慣になりません。

ですので、多忙な平日の会社帰りや学校終わりに、プログラミング学習時間を作ることをオススメします。
そして、時間は有限ですので、何かの時間(テレビを観る時間など)を削ることも、新しいことを成し遂げるためには必要なのです。

とはいえ、モチベーションの低いまま時間をかけるのも嫌だと思います。
そこで、おすすめなのは「自分にできそうな短期間でのゴール設定」です。
高い目標や長期の目標はかえって人を不安にさせます。
目標設定自体がワクワクするものであれば、自然とやる気がでます。
「自分にできそうなゴール」が何か思いつかない方はぜひ「無料カウンセリング」を受けてみてください。

■無料カウンセリングのお申し込み

もう一つのオススメは、メンターをつけることです。
自分の目標や進捗を共有し、時にはエールを送ってもらえる存在。
そういう方が周りにいなければ、テックジムがあなたのメンターをご用意いたします。

どんな成果をあげることができますか?

転職に成功された方もいれば、自分でサービスを作った方もいます。
自動化ツールを作って仕事を楽にした方もいます。
エンジニアとうまくコミュニケーションがとれるようになったと喜んでいた方もいました。

このように、プログラミング学習で得られることは様々で、
人の数だけ、目的が違うといっても過言ではありません。

「どんな成果があがるのか?」ではなく
「どんな成果を欲しているのか?」という能動的なマインドに切り替えると人生お得です。

筋トレとおなじく、「トレーニングにかけた時間」は嘘をつきません。
かけた時間なりの成果が必ずついてきます。

会員コミュニティの活用について

会員同士の交流は自由です。

世の中の多くのプログラミングスクールは、初学者のみを対象としておりますが、テックジムは現役エンジニアも集まる「ITに強い人材」のコミュニティです。

実際に訪れている人は、初学者はもちろん、起業仲間を見つけたい人、リクルーティングしたい人など、動機は様々です。生涯の友をぜひ「テックジム」で見つけてください。

会員専用Slack「テックジム秘密基地」では全国の会員と関係者が登録され、自由にコンタクトをとることができます。「お仕事掲示板」もご用意しておりますので、自由にPRしてください。

本当に自習でできるものなのでしょうか?

カリキュラムについて、受講者の声を集めてみました。


「最近の言語学習を見るに関数の使い方を暗記させており、個人的にはプログラミングの習熟には1にも2にも書いて、学び知らないことは調べる技術を学ぶのがよいと考えていたので共感できる部分がありました。」

「基本的な事を実際に確認しながら進められたのが良かったです。」

「レベルが上がるごとの問題設定が適切であるように感じました。」

「プログラムで目的を達成するという事が出来る第一歩になると感じました。」

「書かれているプログラム内容のイメージや考え方のポイントが身についたのではないかと思います。」


「実際にコーディングをするうちに、色々とわかってきました。」

「昼休みなどに、配布テキストに目を通して机上で考えるようになりました。」

「わからない部分はググるものということを身をもってわかった」

「手を動かすのが一番という思いが強くなりました。」

「じゃんけんのパーを出せるようにしましょうというテーマの裏に「リストを作ってみよう」とか「辞書を作ってみよう」の裏テーマというか、目的があるテキストに感服しました。」

「ゲーム的なもの、じゃんけんとか野球とかを作るのは学習するのによいかなと思いました。」


「基本的なやり方がわかりました。本で読んでもよくわからなかった部分がわかりました。プログラムの基本的な考え方がよくわかりました。」


「自分で手を動かしてコードをうってみるというところまで行きついていなかったので、とても勉強になりました。」

「プログラミングは環境構築でつまずく点はあると思いますが、未知の言語への抵抗が少なくなったように思います。少しでもITやプログラミングに興味のありそう友達や何か始めたいけど何から始めて良いかわからない友達がいれば、おすすめします。」

「この形式なら続けられそうです!」

「Pythonを知らない状態でプリント渡されてスタートするので、ちょっと戸惑ってしまったが、すごく勉強になりました。普段はJavaScriptを使用してますが、プログラムの組み方など他の言語でも使えるなと感じました。  自分のペースで進められるので初学者やデザイナーなどプログラム初心者の友人がいれば進めたいかなと思います。」

無料カウンセリング受付時間 19:30-21:30 [ 土・日・祝日除く ]

予約お申し込み