Ruby on Railsコース(WEB開発の副業向け)の概要

いつでも通える!
どんなレベルからでもOK!
ジム型プログラミング塾「TechGYM」

Ruby on Railsコースの概要

Railsコースは、ずばり、副業でウェブアプリの開発のお仕事をとれるレベルを目指したコースです。ランサーズやクラウドワークスなどで、資料請求フォームやホームページなどのお仕事をして副業にしたいという方にはオススメです。

エンジニア採用の現場をヒアリングしたところ、「スクール出身の方のポートフォリオは、そのスクールが用意したテンプレートを味付けしただけで、実力が感じられない」とのことでした。

テックジムでは、もっと難易度の高く、採用現場の人たちを唸らせるほどのレベルを設定しました。

※2020年11月2日現在、第4章まで制作済みで、10章までご用意する予定です。

1章「問合せフォームを作ろう」

<目標>ランサーズやクラウドワークスなどで、資料請求フォームなどのお仕事ができる。

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・フォーム送信
・データベースへ保存
・管理画面で確認
・入力チェック(バリデーション)
・エラー表示
・メール送信
・管理画面からの返信
・ステータス管理

2章「クローラーを作ろう」

<目標>クローラー開発のお仕事をしてちょこっと副業にする。

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・Ruby on Railsの基本開発
・クローラー作成
・スクレイピング開発
・データベースへ保存
・管理画面で確認

3章「API」

<目標>APIを使って読書管理アプリを作ろう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・Ruby on Railsの基本開発
・APIリクエスト
・Json操作
・ フォーム操作
・データベース保存

4章「rails new」

<目標>ゼロからアプリケーションを作成しよう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・Ruby on Railsの基本開発
・初期アプリケーションの作成(rails new)
・Gemfileの修正
・日本語対応
・自動生成されるファイルの設定
・デザインテンプレートの導入

5章「 heroku」

<目標>アプリケーションをHerokuで公開しよう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・Railsアプリケーションの導入
・HerokuのGUI操作
・Herokuのコマンド操作
・サブドメインの設定方法
・Herokuのカスタマイズ方法

6章「 coffee・sass」

<目標>アプリケーションにデザインと動作を加えよう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・RailsにおけるSCSSに記述方法
・SCSSファイルの構成
・RailsにおけるCoffeeScriptの記述方法
・CoffeeScriptの構成
・Jqueryの利用方法
・Ajax導入
・よくあるUIの実装

7章「 色々なGem」

<目標>様々なGemを使ってみよう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・ページネーション(kaminari)
・検索機能(ransack)
・Enumの日本語化(enum_help)
・デバッグ環境を整える(pry, better_error)
・メタタグを管理(meta_tags)
・パンくずリスト(breadcrumbs_on_rails)
・リッチエディター(cheditor)

8章「予約サイト」

<目標>予約サイトを作ろう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・ユーザー登録
・ユーザーログイン
・マイページ作成
・申し込み機能
・メール送信
・いいね機能

9章「カタログサイト」

<目標>カタログサイトを作ろう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・管理者画面作成
・画像登録
・画像操作
・リッチエディターによる情報入力
・コメント機能
・シェア機能

10章「卒業課題」

<目標>設計段階からアプリケーションを作成しよう

<まなぶこと>
・環境構築(AWS Cloud9)
・アプリケーションの設計
・データベース設計
・機能要件の理解
・機能追加の方法

ご用意いただくもの

・AWSアカウント
・GitHubアカウント
・ノートPC