20週で240本動画アップ。チャンネル登録400名となりました。IT起業家対談番組「フーテンのグラさん」

YouTubeチャンネル「フーテンのグラさん」をはじめて早3ヶ月。

気になるITサービスを運営している起業家やエンジニアたちと対談する形で、
サービス設計やビジネスモデル、生き様などをレポートしてきました。

「IT起業家の友達の輪」はどこまでつながるでしょうか?

ぜひ、チャンネル登録をしていただけますと幸いです。

「みんなのお悩み相談」の動画をあげはじめました。

20週で240本動画アップ。チャンネル登録400名となりました。

奇しくも6/6はいきべんがスタートして14周年。
メモリアルデーでキリ番となりました。(6/6追記)

「エンジニアのキャリア形成術」の動画をあげはじめました。

101日目で199本動画アップ。チャンネル登録300名となりました。

寅さんばかりとっていると、たまにはお役にたてるコンテンツもとりたくなってきます。というわけで、このあたりから業界裏話的なものから、キャリア構築にまつわるものをあげていきました。(4/30追記)

「グラさんが寅さんを語る」の配信を開始。

ちょうど、男はつらいよの全作品視聴が2周終わりましたので、3周目の日課として朝に映画を見て、その作品を語るという習慣にすることに決めました。

第1弾は第40作の「サラダ記念日」からはじめました。ZOOMで録るという新技を手に入れました。こうすると背景がちょこちょこ変えられるし、画面共有できるので便利です。

1991年にはじまるバブル崩壊から失われた10年と、今回のことはすごく重なることがあります。

高度成長期の日本は交通網が発達したあまりに、人口の東京集中を加速させました。
寅さんは「もはや東京は住むところではない」と劇中で語っています。

一方で高速インターネット時代になると、人が動かなくもビジネスができることがわかりました。
今後は脱東京がはじまり、「働き方」や「幸せ」の定義が変わってくるでしょう。

楽天の三木谷氏は阪神淡路大震災の1995年に興銀を辞めて起業しています。
東大在学中の堀江氏は1996年に、サイバーエージェントの藤田氏は1997年にインテリジェンスに入るものの翌年に起業しています。

社会的には衰退期にもかかわらず、こういう時に未来の起業家が生まれているのです。

というわけで、当時の社会がどういう変遷をしてきたのかを歴史に学ぼうと思ったわけです。

284登録。まだまだです。(4/14追記)

「グラさんとPythonチャレンジ」の配信を開始。

緊急事態宣言の初日に「俺たちができる、引きこもりがちの皆さんに楽しんでもらうコンテンツってなんだろう」って考えてたわけですが、アシスタントの明日香さんが「みんなでプログラミング課題を解いていくようなのやったら」というので、早速翌日から配信してみました。まだまだ登録者は273人。1000人を富士山としたらまだ3号目にもついてません。汗(4/9追記)

70日目で150本動画アップ。チャンネル登録250名へ

本も気づけば13冊読んでいて、対談動画は31本となりました。

過去28日間の視聴回数は4138回。総再生時間は2.0万分となりました。

一つの施策が思いつくと、とことんやるタイプなのですが、新しいアイデアが思いつきません。このまま惰性で200本行ってしまうのでしょうか。

(3/27追記)

有益な本を読んだ気になる動画をアップしはじめました。

メンタリストDaigo氏が、人生を変えた本を紹介している動画にでくわしました。私も人生が変わるんじゃないかと、早速、3000円以上する本を5冊ポチりました。

配送日まで時間があるので、まずは、会社にあった本でやってみました。

(3/18追記)

3月11日にチャンネル登録200名達成(54日目)

奇しくも9年前のあの日は溜池山王におりました。
ドコモの全国会議でスマホコンテンツビジネスについて講演させていただいておりました。あの頃からコツコツをユーチューブをやっておけばよかった。

なんて思いながら、今日も赤坂見附で3本収録していたら200名達成のお知らせがきました。

ちなみに、28日間で3303再生、1.6万分でした。

2ヶ月目で3000って、まるでブログのSEOとおんなじ感じだなと感心しました。

すると3ヶ月目は7000くらいいくといいなあ。

次に行ったYTOは終了画面設定とカード設定

まず重要な施策は、全画面の中の固定位置にチャンネル登録の透かし画像を入れることです。これは設定→チャンネル→ブランディングという深いところにあるので、ほとんどの人が触れませんが、1発で全動画に反映されるやばい機能です。

次に重要なのが終了画面。

終了画面では、複数の自作動画とチャンネル登録ボタンを設置するので、終わり間際に自作動画をまた見てもらうきっかけになります。

あとは地味に5個だけ差し込める動画内自作動画誘導。
カードといいます。

よくわからない機能は、あとで設定しようというのは良い心がけですが、いざやるとなると、手間がかかるので、やはりアップロード時にさくっとやっておきたいところです。

これらの施策をやったあと、チャンネル登録、再生数ともあがるようになった気がします。

最初に行ったYTOはサムネール作り

100本動画を作った安堵感からか、ユーチューブ最適化、すなわちユーチューブ・オプティマイゼーションをはじめたのが3月に入ってからでした。

簡単なテンプレートをキーノートで作り、100本分のサムネールをつくりました。

Pythonプログラミング講座の生配信もはじめました。

本年より水曜日19:00-21:00、日曜日10:00-17:00の週2回開催している「ゼロからはじめるPython入門講座」ですが、コロナの影響で参加率が激減したため、オンライン配信をはじめました。

興味ある方は、グラさんのページで、

https://www.youtube.com/channel/UCkIh_cKmLi_GvayJV5nwf_w

ユーチューブのライブ配信画面にてリマインダー設定しておくとタイミングを逃すことを予防できます。(追記3/8)

AppleCLIPに2度目の出演。撮影の様子をYouTubeに収録。

2010年8月の収録以来、2度目の出演を果たしました。(収録3/8)

前回の収録では、iPhone・iPad ・Android交流会「スマートやろうぜ!」にやって来た「ガラケーの世界からノアの方舟に乗って世界に飛び出そう」という参加者の姿をレポートしておりました。

「iPhone、iPadでスマートしようぜ!」:2010年8月20日

どうやらこのITの世界では10年に1度、ノアの方舟が現れるようです。

<AppleCLIPについて>


AppleCLIPは、2007年にTBSラジオではじまった、日本でもっとも聴かれているIT技術系のポッドキャスト番組(パソコンやスマホで聴く番組)の一つです。リビングルームに様々なゲストをお招きして、リラックスしたムードでITの現状や未来について、そしてそれらのビジネス展開なども交えながら気軽にお話するという趣向です。

約20分の番組では、Appleに関することや、クリエイティブやマーケティング、ITやAI登場後の未来に関する話などについて積極的に取り上げています。

最近の主なテーマは、AIの進化、自動運転、ロボットテクノロジー、Appleの新製品などの情報などですが、モデルさんや文化人やスポーツマンや音楽家など、広い分野のスペシャリストの方にも数多くご登場いただいています。

リスナーは古くからのMacユーザー(クリエイターやIT関連の方々など多数)や、iPhoneユーザーiPadユーザーからAppleのファンになった方もたくさんいらっしゃいます。

番組は毎週配信されており、月間およそ150万ダウンロード前後。2019年3月で通算1億9800ダウンロードを記録しています。


AppleCLIPは、大塚商会がスポンサードしておりSUPERPROJECT LLC.で制作しております。

・オフィシャルサイト
https://www.otsuka-shokai.co.jp/products/appleclip/

・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/podcast/appleclip2/id332520930

・Facebookページ
https://www.facebook.com/AppleCLIP-138473476201642

・こちらのサイトでも簡単に聴くことが出来ます。
https://player.fm/series/appleclip2

100本目はAPPBANK村井さんの動画をアップ

起業家の話はやっぱ面白いなと思いました。
マックスむらい氏の起業家をしての顔を見られる貴重な動画です。(収録3/3)

45日目にして99動画をアップしました。

対談動画から、業界動向の解説動画まで羽を伸ばすことにしまして、たくさん撮っていたら、大好きな歴史物まで手を伸ばしておりました。

チャンネル登録者数は151人。
過去28日間の視聴回数は2342。総再生時間は1.3万分。

まだまだです。

マサルさんによるとサムネ命ということなので、そろそろサムネール職人になろうかと思う次第であります。100動画までは好きなことをやらせろって感じで許していただけますと幸いです。

(3/2追記)

32日目にして100登録達成

1/17の初動画アップから32日目の2/18に100登録を達成しました。
なぜか当局からは2/20に100登録の通知をもらいました。
キリ番ゲットしてくれたのは中田敦彦さんのオンラインサロンメンバーでした。

ユーチューバー育成講座があると書いてあったので先月から参加してたんです。(2/20追記)

なかなか手強いチャンネル登録数100人の壁

初月はチャンネル登録87。
1896再生でトータル再生時間は10084分でした。

未登録者の再生時間率が72.8%。

なかなか、この世界手厳しいですね。

20名の起業家訪問を収録しましたが、これだけじゃ数字は伸びないと判断。

テックジムのプログラミング講座も公開収録しました。

今後は、ロボットやAI、ブロックチェーン、IoT、5G時代の新サービスなどのトピックの講座動画もあげていきたいと思います。(2/13追記)

フーテンのグラさんとは

全国各地でPythonプログラミングの講座をしてまわっている「通りすがりの旅人」です。
2019年は50都市、115回開催で3500名が参加しました。

全国50都市でPython講座を115開催.3500名とお会いして思い出に残ったこと:

過去に2度起業したことがあるらしく、その多くを当人は語りたがりません。
かつて、「平日夜の粋な勉強会」というイベントをやっていたそうで、今回の取り組みは、「ユーチューブ版いきべん」という位置づけではないかと思われます。

インスタグラムでは、ポエムをつぶやいているようです。
寅さんAI-BOTを仕込んでいるというもっぱらの噂です。

今回の動画番組の開設のきっかけは、前日に堀江貴文氏が自身の緊急入院の動画を投稿して100万再生で推定50万円を手にしていたことでした。

「なるほど、これは保険の一種だな。火事になればそれを動画アップすればいい。世間の皆様方に見ていただくだけで、お捻りをもらえるって寸法だ。」ときづきます。

翌日にはチャンネルができていました。

自薦・他薦とわず取材を承ります。

現在、グラさんは少ない人脈を総当たりして、取材依頼をしておりますが、ネタはつきるものです。ぜひ皆さんのまわりで、一押しの方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください。

「自社を取材してほしい」という方もウェルカムです。
なんならIT業界でなくてもOK。起業家でなくてもOK。


「フーテンのグラ」が突撃訪問いたします。


グラさんが、20年かけて集めた1万名のメルマガ会員にもご案内しますので、
サービス認知や採用、セルフブランディング、生きた証などに活用していただければと思います。

お問い合わせはこちら

すでに取材承諾いただいた企業様一覧

開設初日にもかかわらず、ご快諾いただき誠にありがとうございます。

株式会社OKAN    1/23(木)12時@池袋
株式会社NextNinja 
レックスバート・コミュニケーション株式会社 1/17(金)14時@淡路町
MAMORIO株式会社
イセオサム  1/31(金)1830@代官山
sudax  1/21(火)12時@九段下
株式会社インサイトコア  2/3(月)14時@品川
株式会社シティーデジタル  1/20(月)18時@赤坂見附
カソク株式会社  1/28(火)13時@高田馬場
日本移動体通信株式会社  1/25(土)15時@信濃町
株式会社ボグダン  2/5(水)16時@赤坂見附
AppBank株式会社
株式会社StartPont  2/4(火)11時@恵比寿
スキャンマン株式会社  1/27(月)15時@水天宮
KAGAYA.COM   1/23(木)15時@汐留
株式会社GHOST
株式会社キャスター 2/5(水)14時@渋谷
Indi Games Inc.  1/29(水)16時@渋谷
株式会社ファーストアセント  17:30@赤坂
株式会社スマートロボティクス
スマートアイデア株式会社
株式会社クリエイターズネクスト  1/27(月)17時@品川
株式会社StayList
モバイルバリュージャパン株式会社 1/24(金)15時@赤坂見附
株式会社テコテック 1/28(火)15時@青山一丁目
株式会社コミュニティオ 2/14(金)13時@池袋
株式会社ブレイブソフト  2/18(火)11時@田町
株式会社エステティクス 2/13(木)15時@赤坂見附
株式会社ポッケ 2/14(金)17時@新宿
チューンコアジャパン株式会社

随時日程調整出来次第、収録しましてアップします。
少々お待ちくださいませ。

アップ済み動画一覧

https://youtu.be/dnONwdrTcTY

【オンライン/無料】ゼロからはじめるPythonプログラミング入門講座(毎週・水・木・土開催)

【テックジム東京本校】Pythonコース・AIコース・Railsコース(オンライン受講可能)